小山織 酒蔵の四季 東京・小山酒造の暮らし
小山織 酒蔵の四季 東京・小山酒造の暮らし
明治10年の創業から、
東京都北区岩淵町で都区内に唯一残り、
平成30年3月31日の蔵仕舞いまで
伝統的な酒造りを続けてきた小山酒造。

そこに生まれ育った昭和21年生まれの筆者 小山織さんが
平成8年までの酒造の心豊かな四季の暮らしを記した書籍です。
厳粛な日本酒造りの毎日が細やかに描いています。


著者 : 小山織
装丁 : 副田高行
装画 : 唐仁原教久
挿画 : 村田篤美
発行所 : 東京書籍株式会社
SIZE : タテ195mm × ヨコ135mm / 223ページ


---------------------------------------------------------------------------------------------------
小山織

インテリアスタイリスト。
早稲田大学文学部美術専修卒業。雑誌社勤務の後フリーランス。
雑誌や単行本などで和洋が融合した きどらない部屋作り法の提案や、暮らしの道具の作家, 職人の仕事を
紹介する活動を続けている。
生家は都内23区内に唯一残る造り酒屋。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
1,677円(税込)
up down
  • この商品について問い合わせる
  • この商品を友達に教える
  • 買い物を続ける
  • ご注文に際して(返品など)